理念・基本姿勢

4年前の区議会議員選挙の直前に起きた東日本大震災とそれに続く原発事故は、環境問題に深く関わってきた私にとっても大きな衝撃でした。次世代を担う子どもたちに、安心・安全で持続可能な環境を残すためには、エネルギーや食の地産地消を進めると共に、アスベストやダイオキシン類など身近にある有害物質を減らすよう提言してきました。

 また災害時に助け合える地域コミュニティの重要性も再認識されており、空き家活用問題などにも取り組んできました。現在65歳以上の高齢者は約20%ですが、年齢を重ねると共に現れる様々な障害への対応も重要です。誰もが安心して暮らせるために、医療・看護・介護の切れ目のない連携を女性の立場から訴え続けていかなくてはと思います。子どもも若者も女性も希望を持って自立して生きられる世田谷、きれいな空気と水のあるみどり豊かな世田谷、区民主体で活発に展開する地域のまちづくりを目指し、私はもう一度、区政に挑戦します。