子育て・介護を社会でささえる

2015年4月24日 16時00分 | カテゴリー: 活動報告

選挙戦もあと2日になりました。地域を回っていると、いろんな方が声をかけてくださいます。保育園のお迎え帰りのお父さんが、「無認可保育園に行っているので保育にもっとお金をかけてほしいと思うけれど、自分の母親のことを考えると、介護の充実も必要だし、どちらを優先すべきか迷う」と言われました。今は、子育てと介護の必要性が同時に起こる場合も少なくないのです。

 世田谷では子どもの数は当分年間1000人規模で増えると予測されますし、高齢者に必要な介護保険関係費用も今年は前年対比で100億円も増えています。子育てか、介護か、2者択一ではなく、子育ても介護も社会全体で支える仕組みが何より重要だと思います。それには民間の力、市民の力、そして高齢者の力を生かしていくことです。そこそが地域に働く場づくりと人材活用につながり、地域が活性化していくのだと思います。