区立障害者休養ホームひまわり荘がリニューアルオープン!

2014年1月9日 16時02分 | カテゴリー: 活動報告

新しく追加された「緊急一時保護室」 2つのベットと写っていませんが手前には広いトイレがあります。

平成25年4月から改修工事のため休館していた「ひまわり荘」が、1月10日(金)から、日帰り入浴など部分的ですが、ようやく再開されます。リニューアルオープン前の内覧会に伺いました。

 1階は、診療室と機能訓練室になっており、機能訓練室での運動は、これからは必ず、整形外科医の診断によって、1人ひとりに合ったプログラムを理学療法士が作り、その内容にそって、運動指導員の方の指導を受けながらができるように変わりました。

 2階には、宿泊できる部屋が5室あり、以前は和室だったところを、要望が多かった洋室に改修しています。また、ご家族の急な用事や入院等、緊急を要する時に、障がいを持った方が泊まることができる部屋も、新たに1室設けられました。 

 

家族風呂、床暖房になっているそうです。

3階には、大広間、談話室のほかに、パソコン教室と発達障がいの方々の就職をサポートする「ゆに(UNI)」のトレーニング兼相談室もありました。

 
当日は、ひまわり荘の再開を待っていた多くの当事者の方々やご家族がお越しになっていて、宿泊可能な緊急一時保護室ができたことを、とても喜んでいらっしゃいました。
以前から、区内に、緊急時に障がい者が泊まれる施設がないと、多くのご家族から強い要望があり、ようやく実現しました。今後、さらに増やしていけるように区に働きかけていきます。

 

2階に5つある宿泊室。正面の黒いソファがベットに変わります。トイレ、洗面、テレビは完備。

誰もが、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けることができる世田谷の実現に向けて、今年も、   精一杯、活動していきます。