区の保健所で食品の放射性物質検査が無料でできます!

2013年2月19日 16時19分 | カテゴリー: 活動報告

赤いフタの機器に食品を入れるパソコンの画面に折れ線グラフ表示されます

ご存知でしょうか? 世田谷区では、2012年10月16日から、区民のみなさんが毎日自宅で食べている食品についての放射性物質の検査が、無料でできるようになっています。小さなお子さんがいるご家庭など、日々食べているけれど、安全が気になっている食品があるのではないでしょうか。そんな食品を実際に持ち込んで、自分で検査ができます。

 1月17日、実際に検査を行っている世田谷保健所試験検査室に見に行って来ました。使われている検査機器は、消費者庁から区に貸与されたスウェーデン製の「ヨウ化ナトリウムシンチレーションスペクトロメーター」です。
検査は、毎週火曜日から木曜日の3日間、毎日5検体を世田谷保健所試験検査室で受け付けています。事前の予約をするか、5検体に達していない場合は、当日電話して、すぐにできる場合もあります。詳しい申込方法など、世田谷区のHPに出ています。心配な方は、まず自分で検査して結果を確認しましょう。

別のフロアでは1/16の塚戸小、千歳台小、船橋小、希望丘小、船橋希望中の5校の給食を検査していました

 この区民が自分でできる放射性物質の区民検査の実施は、ずっと私たち生活者ネットワークが区議会で求め続け、実現しました。都議会でも、西崎光子が都内公立学校給食の検査制度について、質問に取り上げています。

これからは、多くの区民のみなさまにご利用いただくことで、データも充実し、利用した感想やご意見等をいただくことで、さらに区民検査がより良いものに育っていくように活動してまいります。
そして、これからも放射性物質をはじめとした有害物質について、子どもたちや区民の健康と安全を守るために、必要な活動を区民のみなさまとともに続けてまいります。

 明日2月20日(水)から3日間、2013年初めての議会が開かれ、3月6日から27日まで、2013年度の予算についての予算特別委員会が行われます。ぜひ傍聴にいらしてください。インターネット中継もしています。