新年のつどいに参加しました

2012年1月17日 18時31分 | カテゴリー: 活動報告

江戸消防記念会第八区の方々による木やり。お正月を祝う木やり唄のいい声にうっとり。
江戸消防記念会第八区の方々による木やり。お正月を祝う木やり唄のいい声にうっとり。
 1月8日、区主催の「新年のつどい」に参加しました。区民会館ホールでは午前中、新年のお祝いの式典の後、江戸消防記念会第八区の方々による、木やり唄やはしご乗りのお披露目を見ました。
 はしごを一段一段、裸足で駆け上がる音が聞こえるほどの近さで、初めてはしご乗りを見、はしごの上で足や腕一本で身を空中に投げ出す所作を、本当にハラハラドキドキしながら、拍手喝采を送りました。木やり唄も、はしご乗りも、まさに「江戸の花」という言葉がピッタリです。みなさんの日頃の鍛錬のたまものと、頭が下がります。

 式典後の中国雑技団のアクロバットショーでは、会場の皆さんと一緒に、さすが雑技団というアクロバットや、体の柔らかさに目も見張りました。マギー審司さんのマジックパフォーマンスショーでは、会場のたくさんの子どもたちと、マギーさんのやり取りが本当に面白く、思いっきり笑って楽しみました。まさに人を楽しませる話術のマジックでした!

 区役所の中庭でも、ホールであった木やり唄やはしご乗りのお披露目があり、代田三土代会による餅つき披露があって、ついた餅は無料で配られるため、長い列ができていました。そのほか、区民の方々による、様々なパフォーマンスが続きます。写真の剣玉も人が集まっていました。

 新潟県十日町市松代からトラックで届いた雪で作った「かまくら」や、雪の滑り台にも、順番を待つ子どもたちの列ができていました。

 出店も充実しているので、賑やかで楽しいお正月を満喫できる「新年のつどい」です。まだ「新年のつどい」に出かけたことがないみなさまは、来年、足をのばしてみてはいかがでしょうか。