2011年 議会報告

2011年12月29日 15時37分 | カテゴリー: 活動報告

防災手帳
防災手帳
 12月7日に第4回定例議会が終了してから、あっと言う間に年の瀬になってしまいました。10月の決算特別委員会、福祉保健所管の質問では、障がい者の方々が抱える課題についていくつか質問いたしました。働き方について、世田谷独自の「保護的就労」の現状を問い、より職種の選択肢を広げ、多様な働き方ができるように支援強化を求めました。

 また、10月の決算特別委員会と11月の第4回定例議会で連続して災害時に備えた世田谷区独自の聴覚障がい者のための「防災手帳」について質問しました。3.11の大震災で役立ったことが確認された、この手帳の改訂と配布が滞っている現状の改善を求めました。 この「防災手帳」は、一般の人たちに周知する、避難所マップの制作でも参考になるものです。写真をご覧ください。

 高齢社会に向けての取り組みは、世田谷区がモデル実施している24時間365日、必要なサービスが受けられる、切れ目のないケアの本格実施推進に向け、課題整理が急がれます。

 このほか、プラスチックなどの廃棄物施策や、水銀などを含んだ体温計、血圧計などの拠点回収実施についても確認ました。

 5月からの8か月間、まだまだ不慣れでいたらないところが多々ありますが、精一杯の活動をして参りました。みなさまからいただいた様々なご指導やお声は、すべて私自身が成長し、活動を続けるための、大事な糧となっています。今後も変わらず、どうぞよろしくお願いいたします。